多摩川~秋川~玉川上水

調布から通称タマサイ(たまリバー50キロ)で羽村まで行き、一般道を通って青梅経由で武蔵五日市へ。秋川沿いに下って多摩川を渡り拝島から玉川上水沿いに武蔵境まで走るサイクリングコース

コース概要
調布から通称タマサイ(たまリバー50キロ)で羽村まで行き、一般道を通って青梅経由で武蔵五日市へ。秋川沿いに下って多摩川を渡り拝島から玉川上水沿いに武蔵境まで走る。
距離:76.9km

調布~羽村(たまリバー50キロ)

調布の多摩河原橋から羽村まで「たまリバー50キロ」を走る。
武蔵境通りが多摩川を渡る多摩河原橋からスタート。最寄り駅は京王多摩川と矢野口。
通称タマサイ・多摩川サイクリングロードの現在の正式名称はたまリバー50キロ。自転車と歩行者の接触事故が多発し、注意書きだらけになっています。
タマサイ 多摩川サイクリングロード たまリバー50キロ
タマサイ 多摩川サイクリングロード たまリバー50キロ
スピードを抑制させる為に段差を設けている区間もあるので注意が必要。
タマサイ 多摩川サイクリングロード たまリバー50キロ
水門の上を通って稲城大橋をくぐります。
タマサイ 多摩川サイクリングロード たまリバー50キロ
道沿いに海からの距離表示。31kmポストはボートレース場の前あたり。
タマサイ 多摩川サイクリングロード たまリバー50キロ
是政橋とJR南武線をくぐる。
多摩川サイクリングロード 是政橋
多摩川サイクリングロード 南武線
府中郷土の森付近はバーベキュー場もあり家族連れや子供も多いので特に注意が必要!ゆっくり走りましょう。
多摩川サイクリングロード 府中郷土の森
桜が咲く 花見の時期は特に慎重に!
多摩川サイクリングロード 府中郷土の森 桜
注意喚起の看板が並ぶ。実際歩行者、ランナー、ママチャリ、ローディーとスピードの異なる利用者が混在してキャパオーバー気味。スピードトレーニングは別の場所でやりましょう。
多摩川サイクリングロード
多摩川サイクリングロード
関戸橋と京王線をくぐります。
多摩川サイクリングロード 京王線
続いて四谷橋をくぐる。
多摩川サイクリングロード 四谷橋
四谷橋を過ぎて最初の水門の向かい辺りにY's Road 府中多摩川店があります。
多摩川サイクリングロード Y's Road 府中多摩川店
多摩川サイクリングロード Y's Road 府中多摩川店
石田大橋と中央高速をくぐるといったん自転車歩行者用道路が途切れます。
多摩川サイクリングロード 石田大橋
多摩川サイクリングロード 中央高速
多摩川サイクリングロード
トイレも有るので休憩したりここで引き返す人も多い。
多摩川サイクリングロード 国立市 トイレ
一般道を走って立川公園へ
立川公園
立川公園
日野橋をくぐり
多摩川サイクリングロード 日野橋
立日橋と多摩モノレールをくぐります。
残堀川を渡って再び多摩川へ
多摩川サイクリングロード 残堀川
残堀川の両岸にも桜が植えられていて春はキレイです。
残堀川 桜
多摩川サイクリングロード
JR中央線をくぐる。
多摩川サイクリングロード 中央線
JR中央線鉄橋付近からの富士山
多摩川サイクリングロード 中央線 富士山
河川敷から土手に上がって少し行ったところにある「たちかわ創造舎」
多摩川サイクリングロード
多摩川サイクリングロード たちかわ創造舎
廃校になった小学校の校舎を再利用したものでサイクルステーションが整備されています。休憩スペース、トイレ、シャワールーム、ロッカーが利用でき、自販機、自転車ショップCycle-Gate Tamagawaがあります。
多摩川サイクリングロード たちかわ創造舎
多摩川サイクリングロード たちかわ創造舎
赤いアーチ型の多摩大橋が見えてきます。
多摩川サイクリングロード 多摩大橋
流れに突出した「鬼の洗濯岩」状の岩板は、第三紀鮮新世小宮砂層という約1200万年前の海底に堆積した砂や泥で出来ていて、貝や魚の化石が出ることがある。この砂層がこれだけの規模で露出しているのはこの辺りだけ。
多摩川サイクリングロード 多摩大橋 鬼の洗濯岩
多摩大橋をくぐる。マムシが出ることもあるようなので不用意に草むらに入らないようにしましょう。
多摩川サイクリングロード
多摩川サイクリングロード マムシに注意
JR八高線をくぐる。
多摩川サイクリングロード
拝島橋をくぐります。
目立つ水管橋が現れます。
多摩川サイクリングロード 水管橋
昭和用水堰を通り過ぎる。
多摩川サイクリングロード
多摩川サイクリングロード
多摩川サイクリングロード 昭和用水堰
水鳥公園から福生南公園を通って睦橋をくぐります。
多摩川サイクリングロード 水鳥公園
多摩川サイクリングロード 福生南公園
多摩川サイクリングロード 福生南公園
多摩川サイクリングロード 福生南公園
睦橋のすぐ近くに江戸時代創業の石川酒造があります。敷地内にイタリアンレストラン「福生のビール小屋」があり食事もできます。
多摩川サイクリングロード 石川酒造
多摩川サイクリングロード 石川酒造
JR五日市線をくぐる手前に海から50km地点ポストがある。
多摩川サイクリングロード
多摩川サイクリングロード 左岸海から50km
多摩川サイクリングロード 五日市線
河川事務所の電波塔の前を通り過ぎ、多摩橋をくぐる。
多摩川サイクリングロード 電波塔
永田橋をくぐる。
福生かに坂公園を抜け、羽村大橋をくぐる。
多摩川サイクリングロード
多摩川サイクリングロード
多摩川サイクリングロード 福生かに坂公園
多摩川サイクリングロード 羽村大橋
人道橋の羽村堰下橋の前にたまリバー50キロの起点・終点表示が有ります。
多摩川サイクリングロード 羽村堰下橋 たまリバー50キロの起点・終点
多摩川サイクリングロード 羽村堰下橋 たまリバー50キロの起点・終点
玉川上水の取水口・羽村の堰
玉川上水の取水口 羽村の堰
江戸時代に玉川上水の開削の指揮をとった玉川兄弟の像があります。
玉川兄弟の像
羽村橋から一旦奥多摩街道に出て少し走って水上公園通りに入ります。
羽村橋
水上公園通り
水上公園通り
運動公園の内陸側の水田には春にチューリップ畑が出現する。
根がらみ前水田 チューリップ畑
根がらみ前水田 チューリップ畑
チューリップ畑(根がらみ前水田)に隣接するカフェ中車水車小屋
中車水車小屋
中車水車小屋 カレー
道の先には阿蘇神社。途中から未舗装路になります。
阿蘇神社
阿蘇神社
自転車乗り向けの交通安全お守りがあるので500円玉を用意していきましょう。
阿蘇神社 自転車 御守
阿蘇神社 自転車 御守


羽村~青梅~武蔵五日市

阿蘇神社から奥多摩街道に出て青梅に向かいます。
奥多摩街道
奥多摩街道
東青梅駅近くの根岸屋の看板メニューはカレーうどん!コシが強くて麺が太い!
東青梅駅 根岸屋
東青梅駅 根岸屋 カレーうどん
旧青梅街道に出て住江町交差点で左折。
旧青梅街道
旧青梅街道
旧青梅街道
秋川街道で武蔵五日市へ向かう。
秋川街道
調布橋で多摩川を渡る。
調布橋 多摩川
多摩川を渡ると上り坂になります。
二ツ塚峠を越えてあきる野方面に下っていく。
二ツ塚峠
日の出町に入る。
日の出町
 あきる野市へ。
あきる野市
武蔵五日市駅
武蔵五日市駅前で左折。
武蔵五日市駅
武蔵五日市駅
 駅前の東京裏山ベースは軽食もとれ、シャワールームもあるので武蔵五日市駅から輪行で帰る場合に便利です。
武蔵五日市駅 東京裏山ベース
武蔵五日市駅 東京裏山ベース カレー

武蔵五日市~拝島

五日市橋を渡ってJAあきがわ五日市の手前を右に入る。
秋川の右岸を進み山田大橋の下に出る。
山田大橋
東京サマーランドゴルフ場の前を通って左岸に渡る。
秋川
秋川左岸の道は部分的に狭い場所が有ります。
秋川
秋川 リバーサイドパーク一の谷
道沿いに水田が広がる。
秋川
対岸に東京サマーランドが見えます。
秋川 東京サマーランド
あきる野ICの下を通り抜け進む。
秋川 あきる野IC
秋川
秋川
旧東秋留橋は土木学会の選奨土木遺産「橋長149.7m、6径間連続の鉄筋コンクリートアーチ橋であり、戦後の施工例は全国的に殆ど無く、戦前を代表する貴重な橋梁」
旧東秋留橋
東秋川橋をくぐる。
秋川
東秋川橋
屋城旭通りで一般道に戻り睦橋通りまで出る。
秋川
睦橋で多摩川を渡り拝島駅へ。
睦橋 多摩川
拝島駅

拝島~武蔵境(玉川上水)

拝島駅から玉川上水沿いに出る。
玉川上水
拝島上水橋で左岸へ。
玉川上水
玉川上水
玉川上水
部分的に暗渠になっている場所もあります。
玉川上水
玉川上水
玉川上水
玉川上水
 松中橋~天王橋の脇を通過。
玉川上水
玉川上水
玉川上水
玉川上水
残堀川と立体交差する。交差する部分は玉川上水が残堀川の下をサイフォンの原理で流れる。
玉川上水 残堀川 立体交差
玉川上水 残堀川 立体交差
玉川上水 残堀川 立体交差
宮の橋で一旦玉川上水から離れる。
玉川上水
玉川上水
多摩モノレールをくぐり小川橋で再び玉川上水沿いへ。
玉川上水
玉川上水
西武国分寺線の踏切を渡る。
玉川上水
玉川上水 西武国分寺線
玉川上水
江戸から明治~昭和にかけて玉川上水の点検や清掃などを行う職員(水衛)が常駐していた場所「小川水衛所」の跡があります。
玉川上水 小川水衛所
西武多摩湖線の踏切を渡る。
玉川上水
玉川上水 西武多摩湖線
玉川上水
境橋で玉川上水から離れ武蔵崎駅へ。武蔵境通りを南下すればスタート地点の多摩河原橋に戻れます。玉川上水をそのまま下って行けば三鷹駅に出ます。
玉川上水
玉川上水