多摩川~旧東海道~神田川

調布から通称タマサイで羽田まで多摩川を下る。羽田から旧東海道、神田川を経由して井の頭公園まで走るサイクリングコース


コース概要
調布から通称タマサイで羽田まで多摩川を下る。羽田から旧東海道、神田川を経由して井の頭公園まで。
距離:72.5km

調布~羽田

調布の多摩河原橋から羽田まで「たまリバー50キロ」を走る。

武蔵境通りが多摩川を渡る多摩河原橋からスタート。最寄り駅は京王多摩川と矢野口
多摩河原橋
京王相模原線をくぐる。
多摩川 京王相模原線
すぐに右手に二ヶ領上河原堰堤が見えてくる
多摩川 二ヶ領上河原堰堤
多摩川 二ヶ領上河原堰堤
狛江市の西河原公園付近に少し未舗装部分有り。避ける場合は一旦一般道へ。
多摩川 西河原公園
未舗装部はそれほど長くありません。すぐに多摩水道橋が見えてきます。
多摩川 多摩水道橋
多摩水道橋は側道のアンダーパスで通過
多摩川 多摩水道橋
堤上に戻って小田急の下をくぐる。
多摩川 小田急
二ヶ領宿河原堰堤が見えてくる
多摩川 二ヶ領宿河原堰堤
東名高速
多摩川 東名高速
徐々に二子玉のビル群が近づいてくる。
多摩川 二子玉
砧下浄水場の導水管
多摩川 砧下浄水場 導水管
河川敷のグランドに下りて進む。
多摩川 二子玉川緑地
 昔ながらの売店・食堂がいい味出してる。
多摩川 二子玉川緑地 売店
兵庫島公園から野川を渡って国道246号と東急田園都市線二子玉川駅のホームをくぐる。高架の間にジャイアントストア二子玉川店があります。(試乗できます)
多摩川 兵庫島公園
多摩川 国道246号
もう少し進むとデカイ階段が現れ
多摩川 二子玉川公園
登った先にはスタバと二子玉川公園があります
多摩川 二子玉川公園 スタバ
多摩川 二子玉川公園
周囲にはルナティックチチカフェといった個性的なお店もあります。
多摩川 二子玉川公園  ルナティック
第三京浜を越えて
多摩川 第三京浜
多摩堤通りに出てしばらくは一般道を走ります。自転車道を走りたい場合は手前の二子橋で右岸に渡りガス橋まで右岸を走ってください。
多摩堤通り

対岸に武蔵小杉のビル群が見えてきます
多摩堤通り 武蔵小杉
旧ジャイアンツ多摩川グランド向かいにある小池商店も魅力的な佇まい
多摩堤通り 小池商店
多摩川台公園の脇を抜け
多摩堤通り 多摩川台公園
シン・ゴジラで吹っ飛ばされたことで有名な(?)丸子橋
多摩堤通り 丸子橋
多摩川浅間神社がタバ作戦の本部になっていました。
多摩川浅間神社
丸子橋を越えた先で再び堤上のたまリバー50キロに入る
多摩川 たまリバー50キロ
第二京浜・多摩川大橋
多摩川 第二京浜・多摩川大橋
六郷の手前で多摩川は大きく蛇行。川崎のビル群が正面に見える。
多摩川
東海道線と京急をくぐる
多摩川 東海道線と京急
続けて第一京浜をくぐる
多摩川 第一京浜
六郷水門は昭和6年(1931年)竣工の近代土木遺産。
多摩川 六郷水門
多摩川 六郷水門
前方に大師橋が見えてきた
多摩川 大師橋
多摩川 大師橋
羽田第二水門
多摩川 羽田第二水門
一般道へ
多摩川 羽田
道に出たところにある玉川弁財天
玉川弁財天
河口は釣り船が多数係留されている
多摩川河口 羽田
カーブを曲がった対岸に大鳥居
多摩川河口 羽田
戦前ここにあった穴守稲荷神社の大鳥居
多摩川河口 羽田 大鳥居
撤去しようとすると、祟りが降りかかり、事故が起こると言われていた事で有名
多摩川河口 羽田 大鳥居
羽田空港第二ターミナル(国際ターミナル)には自転車で行けます。展望テラスで飛行機を眺めたりレストランで食事したりする事ができます。
羽田空港第二ターミナル(国際ターミナル)
現在の穴守稲荷神社
羽田 穴守稲荷神社
羽田 穴守稲荷神社
羽田 穴守稲荷神社



羽田~品川(旧東海道)

羽田から大森ふるさとの浜辺公園などを経由し、鈴ヶ森からは旧東海道で品川まで行きます。
この辺は東京湾に河口を持つ旧川跡や堀跡がいくつもあり、橋や埋め立てられた橋の跡を何度も渡ります。
頭上は首都高羽田線、足元は南前堀。
首都高羽田線 南前堀
北前堀
北前堀
シン・ゴジラが遡上してきた呑川
呑川
呑川から海老取川河口左岸は森崎海岸公園
森崎海岸公園
海老取川河口には日本でも珍しい旋回橋構造の橋である「羽田可動橋」がある。(1998年以降使用停止中)
海老取川 羽田可動橋
首都高沿いを進む
森ヶ崎海岸公園
旧呑川緑地を横断
旧呑川緑地
大森ふるさとの浜辺公園へ
大森ふるさとの浜辺公園
埋立地に囲まれた人工的な白い砂浜
大森ふるさとの浜辺公園
平和島公園へ公園内を通ってそのまま走っていけます。
平和島公園
平和島公園
少し一般道を走って旧東海道へ。旧東海道の入口は「鈴ヶ森刑場遺跡」
旧東海道 鈴ヶ森刑場遺跡
旧東海道には所々に古い建物が残っている。
旧東海道
旧東海道
二十歳のころの坂本龍馬が立会川河口にあった土佐藩の砲台に警護のために往来していたと伝わっている縁で立会川駅の近くに銅像が立っています。
2015年には新浜川公園に復原された砲台が設置されました
坂本龍馬 立会川河口
鮫洲と言えば運転試験場のイメージですがジンベイザメの商店街マークがカワイイ
旧東海道 鮫洲
青物横丁では地名に由来して街灯がサヤエンドウ!
旧東海道 青物横丁
青物横丁の丸富はカウンター席のみの大衆的なウナギ屋さん(日曜休み)。
青物横丁 丸富
目黒川の赤い欄干の先は荏原神社
目黒川 荏原神社
かつての品川総鎮守。現在は目黒川を境に北の天王社が品川神社、南の天王社が荏原神社になっている。また東海七福神の中の1社として恵比須さんを祀る。
荏原神社
慶応元年から東海道品川宿のこの地に店を構える履き物の老舗丸屋履物店
旧東海道 品川宿 丸屋履物店
落語「居残り佐平次」に登場する鰻の名店「荒井家」の跡。現在はイタリアンのお店
旧東海道 品川宿 荒井家
品川浦の船溜まり
品川浦の船溜まり
高浜運河を渡って東京海洋大学に寄り道
高浜運河
マリンサイエンスミュージアム鯨ギャラリーは土曜日の10:00~15:00の開館時間に行けばクジラの骨格標本が見られます。
東京海洋大学 マリンサイエンスミュージアム 鯨ギャラリー
東京海洋大学 マリンサイエンスミュージアム 鯨ギャラリー

品川~飯田橋

札ノ辻橋でJRを跨いで東京タワー~虎ノ門ヒルズ~皇居前を通って飯田橋へ。

札ノ辻橋から見下ろしたJR線の数々。かなり長い跨線橋です。
札ノ辻橋
前方には東京タワー
札ノ辻橋から東京タワー
三田一丁目辺りからの東京タワー。ここからのビューは絵になります。
三田一丁目辺りからの東京タワー
東京タワーの足元を通り抜ける
東京タワー
愛宕グリーンヒルズ・虎ノ門ヒルズと森ビルの高層タワーが続く
虎ノ門ヒルズ
虎ノ門ヒルズ
ビルの谷間の老舗蕎麦屋さん「大阪屋砂場」。1872年(明治5年)創業・1923年(大正12年)建築の木造三階建て
大阪屋砂場
皇居前
皇居前
皇居前 内堀通り
皇居前 内堀通り
九段会館前
皇居前 九段会館前
飯田橋
飯田橋

飯田橋~井の頭公園(神田川)

飯田橋から井の頭公園まで神田川を辿って走る

江戸川橋までは首都高5号線と平行に走る。
江戸川公園は花見の定番スポット
江戸川公園
江戸川公園
神田川沿いに椿山荘
椿山荘
肥後細川庭園が並びます。
肥後細川庭園
都電早稲田駅付近の豊橋
神田川 豊橋
桜の時期だけお休み処が設けられる東京染物語り博物館
東京染物語り博物館
面影橋から下落合までは新目白通りを走る。
新目白通り

新目白通りが神田川と交差する「高戸橋」
新目白通り 神田川 高戸橋
下落合から暗渠になった妙正寺川が合流している。
神田川 妙正寺川
下落合側の暗渠の口が開いている「新堀橋」
神田川 妙正寺川 新堀橋
小滝橋付近
神田川 小滝橋
神田川 小滝橋
東中野が近づくと駅に隣接するユニゾンタワーとパークタワーが目に入ってきます。
神田川 東中野
東中野でJR中央線の高架をくぐる
神田川 東中野
大久保通りから見た東中野のツインタワー
神田川 大久保通り
青梅街道と交差する淀橋
神田川 青梅街道 淀橋
神田川 青梅街道 淀橋
山手通りを越えた辺り
神田川 山手通り
中野新橋は赤い欄干
神田川 中野新橋
神田川
善福寺川と神田川が合流する地点
善福寺川と神田川が合流する地点
環七を渡る
神田川 環七
井の頭通りを渡り井の頭線をくぐる
神田川 井の頭通り
浜田山 塚山公園
神田川 浜田山 塚山公園
遠くからでもよく見える高井戸のごみ焼却場の煙突
神田川 高井戸のごみ焼却場の煙突
富士見ヶ丘の車両基地
神田川 富士見ヶ丘の車両基地
久我山
神田川 久我山
三鷹台で踏切を渡る
三角公園
神田川 三角公園
井の頭公園駅付近で井の頭線をくぐる。
神田川 井の頭公園駅
井の頭公園の中にある神田川の源流
井の頭公園 神田川 源流
春は桜、秋は紅葉と一年を通して賑わう井の頭公園
井の頭公園 桜
井の頭公園 紅葉
 井の頭公園から玉川上水沿いの「風の道」を通って三鷹駅まで
玉川上水 風の道

三鷹駅
三鷹駅から線路沿いに西へ進み境通りを南下すればスタートの多摩河原橋に戻れます。