南足柄春めき桜~足柄峠

河津桜が散りソメイヨシノが開花する前の期間に咲く南足柄市の春めき桜の名所を巡り、足柄峠を越えて戻るサイクリングコース

コース概要
河津桜が散りソメイヨシノが開花する前の期間に咲く南足柄市の春めき桜の名所を巡り、足柄峠を越えて戻ってきます。
距離:57.3km

篠窪~一ノ堰ハラネ~青木径

渋沢駅からスタートして春めき桜の名所を巡ります。春めき桜は、南足柄市内の農家などで彼岸の頃に咲いていた桜の枝から育成し、2000年3月に品種登録された、比較的新しい早咲きの桜。例年3月中旬~彼岸の頃に咲きます。

渋沢駅
駅から出てすぐに篠窪へ向かって上っていきます。
渋沢~篠窪
渋沢~篠窪
渋沢~篠窪
峠隧道を抜ける。 
渋沢~篠窪 峠隧道
渋沢~篠窪
渋沢~篠窪 峠隧道
大井町に入る。
大井町 篠窪
篠窪の集落をパスして
大井町 篠窪
篠窪隧道の手前を右に入り
大井町 篠窪隧道
 すぐ左折。富士見塚へ。
大井町 篠窪
富士見塚は「源頼朝が、巻狩の往還に馬をとめ、富士山を眺めた」と いわれる海抜250メートルの丘 
大井町 篠窪 富士見塚 桜 富士山
 休憩所からは平野部が良く見えますが富士山の手前に山が掛かってしまうので少し下った位置からの方が富士山の見栄えは良いかな。 
大井町 篠窪 富士見塚 菜の花 富士山
大井町 篠窪 富士見塚 菜の花 富士山
丘に上がれば、富士山と春めき桜の共演を見ることができます。
大井町 篠窪 富士見塚 菜の花 富士山 はるめき桜
大山~丹沢の山並みも見渡せます。 
大山 丹沢 山並み
松田方面へ下ります。
大井町 富士山
松田町
小田原方面へ左折 。
東名高速をくぐってすぐ右折。 
川音川を渡る。 
川音川 籠場橋 富士山
 新松田駅を通過して
新松田駅前 富士山
 左折して開成方面へ。
松田~開成 富士山
 酒匂川を渡り開成町へ入る。
酒匂川 新十文字橋 開成町
あじさい公園~瀬戸屋敷前を通り 
瀬戸屋敷前
瀬戸酒造店
 ふくざわ公園へ
ふくざわ公園 春めき桜
小さな公園ですが春めき桜と菜の花が植えられています。
ふくざわ公園 春めき桜

ふくざわ公園 春めき桜

ふくざわ公園 春めき桜
南足柄運動公園へ
小高い丘の上の南足柄運動公園には河津桜、春めき桜、ソメイヨシノが植えられていて長い期間桜を楽しむことができます。
南足柄運動公園 河津桜 春めき桜 ソメイヨシノ
南足柄運動公園 河津桜 春めき桜 ソメイヨシノ
南足柄運動公園 河津桜 春めき桜 ソメイヨシノ
一ノ堰ハラネへ向かって丘陵沿いに800mほど進む。
一ノ堰ハラネは怒田丘陵の斜面、約3,000平方mの斜面に120本の春めきが植栽されています。 
一ノ堰ハラネ 春めき桜
一ノ堰ハラネ 春めき桜
一ノ堰ハラネ 春めき桜
一ノ堰ハラネ 春めき桜
切り通しを通り
怒田 切り通し
大雄山駅前を抜けて 
大雄山駅前
大雄山駅前
 狩川の富士フィルム工場前へ
狩川 富士フィルム工場前 春めき桜
川の両岸は春木径・幸せ道と名付けられ、170本の春めき桜が植栽されています。
狩川 富士フィルム工場前 春めき桜 春木径 幸せ道
狩川 富士フィルム工場前 春めき桜 春木径 幸せ道 菜の花
狩川 富士フィルム工場前 春めき桜 春木径 幸せ道 菜の花



足柄峠

足柄峠を目指すのに狩川沿いを上っていっても良いですが南足柄広域農道でアップダウンを楽しみながら走ることに。まずは大雄山方面へ。
 狩川から南足柄広域農道まで約900m。平均9%、MAX14%の上り。
大雄山 天狗せんべい
仁王門の前で 南足柄広域農道に入る。
大雄山 仁王門
大雄山 仁王門
大雄山 仁王門 南足柄広域農道
南足柄広域農道
広域農道から少し脇に入ったところにある 「花咲く里山」
花咲く里山
固有種のサクラ「大雄紅桜」が咲く 
花咲く里山 大雄紅桜
花咲く里山 大雄紅桜 菜の花
広域農道は上って下りての繰り返し。峠道好きには楽しい道だと思います。
南足柄広域農道
南足柄広域農道
南足柄広域農道
南足柄広域農道
南足柄広域農道
南足柄広域農道
南足柄広域農道
南足柄広域農道
 左折して地蔵堂方面、足柄峠方面へ
南足柄広域農道~足柄路
ここからはアップ&アップ。ダウンは無く、ひたすら上ります。
足柄路
足柄路
概ね5~7%くらいの走りやすい勾配が続く。 
足柄路
旧道に入ると矢倉沢関所跡がありますが、石碑が立っているだけなので歴史マニア以外は寄る必要はないと思います。 
足柄道
矢倉沢関所跡
所々で古道と交差する。 
足柄路
足柄路 足柄古道入口
地蔵堂トンネルを抜ける。 
足柄路 地蔵堂トンネル
足柄路
足柄峠へは直進ですが地蔵堂に寄っていくので左折。
足柄路
 地蔵堂の前にうどん屋さんがあります。
足柄路 地蔵堂
足柄路 地蔵堂 万葉うどん
 「万葉うどん」は峠に上る前にエネルギー補給するのにピッタリ。
足柄路 地蔵堂 万葉うどん
足柄路 地蔵堂 万葉うどん おでん
 地蔵堂から左に1kmほど先には酒匂川の支流内川にかかる落差23m、幅5mの滝「夕日の滝」があります。金太郎が産湯につかったと伝わっています。
足柄 夕日の滝
もとの道に戻り先に進むと徐々に勾配が上がっていきます。
足柄路
 足柄はお茶の名産地。斜面に茶畑が多く見られます。
足柄路 お茶畑
勾配は8~9%に。部分的には15%を超えてきます。
足柄路 急勾配
足柄路 急勾配
足柄路 急勾配
 「見晴台」バス停より
足柄路 見晴台
足柄路 見晴台
足柄峠まであと2kmほど。しかしここからがキツイ。
足柄峠
足柄峠 勾配12%
足柄峠 ヘアピンカーブ
足柄峠 勾配14%
足柄峠 展望台
足柄峠 ヘアピンカーブ
 足柄万葉公園まで来れば一息つけます。
足柄峠 足柄万葉公園
足柄峠 足柄万葉公園
足柄峠 足柄万葉公園
足柄峠
 静岡県小山町に入る。
足柄峠 静岡県小山町
足柄峠 ようこそ金太郎のふるさとへ
 足柄峠(標高759m)に到着。
足柄峠 標高759m
足柄峠 足柄之関跡 おじぎ石
道を挟んで足柄山聖天堂
足柄峠 足柄山聖天堂
足柄峠から100m程先に足柄城跡があります。
足柄峠 足柄城跡
 足柄城跡からは富士山が眼前に迫ってきます。
足柄峠 足柄城跡 富士山
足柄峠 足柄城跡 富士山
足柄峠 足柄城跡 富士山
 城址から金時山方向へ2kmほど道路は伸びています。
足柄峠~金時山
 ゲートから先は金時山まで登山道になります。
足柄峠~金時山 ゲート
山頂までは1時間ほど
金時山 登山道
金時山山頂(標高1,212m)
金時山山頂 富士山
 山頂からは富士山はもちろん箱根の仙石原や芦ノ湖も見渡せます。
金時山山頂 仙石原 芦ノ湖

足柄峠~駿河小山~松田

金太郎富士見ラインを下っていきます。
金太郎富士見ライン
 道沿いの六地蔵
金太郎富士見ライン 六地蔵
金太郎富士見ライン
下っていく先にチョイチョイ富士山が見える。 
金太郎富士見ライン 富士山
金太郎富士見ライン 富士山
途中の展望台「誓いの丘」。最近増えましたね、こういうの。
金太郎富士見ライン 富士山 誓いの丘
金太郎富士見ライン 富士山
 さらに少し下の眺めの良いカーブには「石尊佛・石尊松」と呼ばれるお地蔵さんと松の木があります。
金太郎富士見ライン 富士山 石尊佛・石尊松
「石尊佛・石尊松」を過ぎて暫くしたら右脇の道へ。
金太郎富士見ライン~駿河小山
落ち葉と枝が多く、木の陰になって暗いので気をつけて走りましょう 
金太郎富士見ライン~駿河小山
東名高速をくぐり 
金太郎富士見ライン~駿河小山
金太郎富士見ライン~駿河小山
金太郎富士見ライン~駿河小山
駿河小山駅の前に出るので右折。
駿河小山
御殿場線の踏切を越えて 
駿河小山 御殿場線踏切
国道246号へ 
国道246号
鹿注意の看板
国道246号
すぐに神奈川県山北市に入ります。
国道246号
国道246号
246は交通量が多いので、一旦丹沢湖方面へ左折。
国道246号
山北
橋を渡り右折して
河内川
酒匂川の左岸を走ります。 
酒匂川 左岸
左岸の道路は交通量が少なくのんびり走れます。
酒匂川 左岸
酒匂川 左岸
対岸に渡る人道橋
酒匂川 左岸 人道橋
酒匂川 左岸
 東名高速の下をくぐってすぐに246に接近しますが
酒匂川 左岸
 また離れる。
酒匂川 左岸
酒匂川 左岸
酒匂川 左岸
 安戸隧道を抜けて
安戸隧道
 246に合流。「樋口橋」交差点を右折して矢倉沢方面へ。
国道246号 樋口橋
 酒匂川を渡って左折
酒匂川 樋口橋
 西に少し入ったところにある落差69mの「洒水の滝」滝の近くには、水くみ場があり、「全国名水100選」に選ばれています。
洒水の滝
 境川を再度渡り
 「岸」交差点で右折
 もう一度酒匂川を渡って南足柄市に入ります。
酒匂川 新大口橋 南足柄市
 酒匂川沿いのサイクリングコースへ
酒匂川サイクリングコース
酒匂川サイクリングコース
酒匂川サイクリングコース
酒匂川サイクリングコース
酒匂川サイクリングコース
 十文字橋で酒匂川を渡って松田駅・新松田駅へ
酒匂川 十文字橋
新松田駅