磐梯吾妻レークライン~磐梯吾妻スカイライン(浄土平)

猪苗代湖駅からスタートして磐梯吾妻レークラインから磐梯吾妻スカイライン・浄土平へ周り高湯温泉を通って福島駅へ走るサイクリングコース

コース概要
猪苗代湖駅からスタートして磐梯吾妻レークラインから磐梯吾妻スカイライン・浄土平へ周り高湯温泉を通って福島駅へ。
距離:89.4km

磐梯吾妻レークライン

猪苗代湖駅からスタート
駅前の道から北へ進みます。
福島・米沢方向へ
駅前よりも本町の辺りの方が店舗が多く中心地であることを伺わせる。
市街地を離れ
米沢・裏磐梯方面へ
国道459号に合流。
磐梯朝日国立公園エリアに入ります。
2~3%くらいの緩い上り。
左に入ると毘沙門沼の岸辺に出ます。
売店やレストランがあります。
毘沙門沼の向こうに磐梯山。五色沼を巡る自然探勝路が整備されています。
ボートに乗ることも出来ます。
分岐に戻り先に進みます。
右折して磐梯吾妻レークラインに入ります。
林の中を進み
左側が開けた場所に出ると
小野川湖を見下ろせます。
一段グッと上がった所が
涼風峠
手前の木々が茂っているため説明看板ほどには見晴らしはありませんでした。
さらに上ると
「三湖パラダイス」と名付けられた「桧原湖」「小野川湖」「秋元湖」の3つの湖を展望できる場所があります。
と言いつつ「秋元湖」はレイクラインの最高点を越えて少し下った場所のほうがよく見えます。
ググッと下っていって
中津川渓谷に掛かる橋を渡ります。
橋を渡って500mほど先を左に入ると
中津川渓谷レストハウスがあります。
ソースカツ丼を食べました。ソースカツ丼も地方によって味付けが違いますね。
レストハウス脇から渓谷探勝路に降りていけます。
秋元湖を過ぎるまで下り
また上り基調になります。
前方に安達太良山が見えてきます。
国道115号に入って
磐梯吾妻スカイライン方面へ向かいます。
国道115号から県道70号(福島吾妻磐梯線)に入ります。
小規模なスキー場の前を通り過ぎると
曲がりくねった山道っぽくなりますが
勾配は5%ほどでそれほどキツくありません。
土湯から上ってくる道との交点に出ます。
土湯峠
磐梯山と猪苗代湖が見渡せます。

磐梯吾妻スカイライン

磐梯吾妻スカイラインの起点
国見台
天風境
コーナーの駐車場からは今走ってきた九十九折の道が見えます。

そのすぐ上の湖見峠からは磐梯山をめぐる4つの湖を一望に見わたせます。(まあ、ちょっと木が邪魔なんですが…)
どんどん標高を上げていきます。
双竜の辻。右に磐梯山、猪苗代湖、左に安達太良山を眺望。ふたつの山が、首をもたげて向かい合う2匹の竜のように見えるのが名の由来だそうです。
道路最高地点 標高1,622mを越えて
浄土平へ
左手に一切経山
浄土平湿原には木道が設置されています。
右手には吾妻小富士
登山道が整備されていて火口の縁を一周できます。
駐車場と売店、トイレがあります。
「ガス注意駐停車禁止」ハイわかりました。「窓を閉めて走行して下さい」それはムリ。急いで駆け抜けます。
どんどん下っていきます。
天狗が舞い遊んだという故事にちなんだ場所「天狗の庭」
福島市街を見渡すコーナーに駐車場が有り
そのすぐ先に「つばくろ谷」に架かる高さ84mの不動沢橋があります。
「つばくろ谷」は、かつてイワツバメが飛び交っていたことから名付けられたそうです。
旧不動沢橋のたもとに駐車場と展望スペースがあります。

高湯温泉を通り抜けていきます。
屋外の足湯
共同浴場「あったか湯」
高湯を越えた辺りは10%を超える急こう配があるので慎重に走りましょう。
やがて果樹園が広がり
市街地に入ります。
道なりにまっすぐ進めば福島駅に着きます。